スマホ対応ホームページ作成・成功への5つのステップ

スマホ(携帯)対応のホームページ作成は、現代のインターネット社会においては必須であると言えるのではないでしょうか。
ユーザーは情報を求める際、パソコンだけでなく、手軽に持ち運びができるスマホを多く利用しています。
これに対応するために、ホームページはスマホ画面でも見やすく、使いやすいデザインでなければいけません。
本記事では、スマホ対応のホームページにする方法や、そのメリット&デメリットなどを分かりやすく解説します。
あなたのホームページがより多くのユーザーに届くための参考になったら幸いです。

 

スマホ(携帯)用のホームページとは

Young man with smartphone

スマホ用のホームページとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに適応したウェブサイトのことです。
こうしたモバイルフレンドリーなウェブサイトは、パソコン版のウェブサイトと比べて、画面サイズの小さいデバイスでも閲覧しやすいように設計されています。

最近では、多くの人々がスマホを使ってインターネットにアクセスするため、ホームページはデスクトップだけでなくスマホにも対応していることが必要です。
特にビジネスサイトなどでは、スマホでアクセスしたユーザーがストレスなく情報を得られるように、ユーザビリティやデザインが重視されます。

スマホ用のホームページを作成する際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

1. レスポンシブデザイン

デバイスの画面サイズに応じて、レイアウトが自動的に調整されるデザインです。
これにより、ユーザーがどのデバイスを使用しても同じ情報を簡単に閲覧できます。

2. 表示速度

スマホで閲覧する際、データ通信量が制限されているユーザーもいるため、ページの読み込み速度は非常に重要です。
画像の最適化や不要なコードの削除などを行い、ページ速度を上げる工夫が求められます。

3. 使いやすさ

小さな画面でも操作がしやすいように、ボタンの大きさや文字の大きさ、レイアウトなどに工夫が必要です。

 

以上のように、スマホ用のホームページ作成は、一般的なパソコン向けのウェブサイト設計とは異なるアプローチを必要とします。

 

ホームページ制作でスマホ(携帯)対応にするには

オンラインショッピングのイラスト

スマホ対応にする方法は、大きく分けて二つあります。
「レスポンシブデザインにする(既存のホームページをスマホ対応にする)」方法と、「パソコン用とは別にスマホ用のホームページを制作する」方法です。
それぞれについて詳しく解説していきましょう。

レスポンシブデザインにする(既存のホームページをスマホ対応にする)

レスポンシブデザインとは、ウェブサイトのレイアウトが訪問者のデバイスの画面サイズに合わせて自動的に変化する設計のことを指します。
これにより、パソコン、タブレット、スマホなど、どのデバイスからでも最適な表示と操作性を可能にします。

レスポンシブデザインを実装するためには、メディアクエリを使用して、画面の幅などに応じてCSSを切り替えます。
画面の幅や高さなどが動的に変化するようになり、デバイスが異なっても読みやすさを保つことが可能です。

パソコン用とは別にスマホ用のホームページを制作する

一方、パソコン用とは別にスマホ用のホームページを制作する方法もあります。
この方法を採用する場合は、スマホ用のホームページを一から作成しなければいけません。

 

どちらの方法を選んだとしても、ユーザーにとって使いやすく、わかりやすいホームページを作成することが最も重要です。
そして、そのためには、ユーザー視点に立つことが欠かせません。

 

レスポンシブデザインのメリット&デメリット

Web UX designer working on mobile responsive website. Flat lay image of numerous app wireframe sketches and user flow over product designer desk.

スマホ対応のホームページ作成として、「レスポンシブデザイン」は特に一般的な方法です。
この章では、レスポンシブデザインのメリットとデメリットについて紹介していきます。

レスポンシブデザインのメリット

1. デバイスに依存しないデザイン

レスポンシブデザインは、一つのソースコードで様々なデバイスに対応することが可能です。
これにより、パソコン、タブレット、スマホなど、どのデバイスからでも最適な表示と操作性を提供できます。

2. 管理・更新の容易さ

パソコン用とスマホ用の別々のホームページを作成する場合、それぞれの更新と管理が必要になりますが、レスポンシブデザインなら一つのソースコードで全てのデバイスに対応できるため、管理や更新が容易になります。

3. SEO対策

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーフレンドリーなサイトを評価します。
レスポンシブデザインは、様々なデバイスでの利便性を高めるため、SEO対策にも効果的です。

 

レスポンシブデザインのデメリット

1. 設計・実装の複雑さ

レスポンシブデザインは、さまざまなデバイスに対応するための設計と実装が必要となり、これには専門知識や時間が必要となります。

2. パフォーマンスの問題

レスポンシブデザインでは、同じコンテンツがすべてのデバイスに配信されます。
これにより、必要以上のデータがスマホに送信され、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

3. 一律のデザイン

レスポンシブデザインは一つのソースコードを使用するため、デバイスごとに特化したデザインや機能を提供することが難しくなります。
その結果、ユーザーエクスペリエンスに制限が生じる可能性があります。

 

スマホ用のホームページを別途制作するメリット&デメリット

Set of UI, UX, GUI screens Fitness app flat design template for mobile apps, responsive website wireframes. Web design UI kit. Fitness Dashboard.

この章では、スマホ用のホームページを別途制作する場合のメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

スマホ用のホームページを別途制作するメリット

1. 最適化されたユーザーエクスペリエンス

スマホ用のホームページを別途制作すると、ユーザーのスマホ利用に特化したデザインやコンテンツを提供できます。
これにより、スマホユーザーにとっての利便性や満足度を向上させることができます。

2. パフォーマンスの向上

スマホ専用のサイトでは、必要なデータだけを配信することが可能です。
これにより、ページの読み込み速度を向上させ、ユーザー体験を改善できます。

3. フレキシブルなデザイン

スマホ用のホームページを独自に制作することで、デザインやレイアウト、機能などをスマホ利用に最適化することができます。

 

スマホ用のホームページを別途制作するデメリット

1. 管理・更新の負担

パソコン用とスマホ用の二つのホームページを運用すると、それぞれに対する管理や更新が必要となり、作業負担が増加します。

2. SEOの問題

同じコンテンツが二つのURLに存在すると、検索エンジンがどちらのページを評価すべきか混乱する可能性があります。
これを防ぐためには、「canonicalタグ」の設定などが必要となります。

3. コスト

別途スマホ用のホームページを作成する場合、その開発と維持には追加のコストがかかります。

 

スマホ(携帯)対応のホームページ作成方法

Responsive Design Responsive Quality Content Online Concept

この章では、具体的にどのようにしてスマホ対応のホームページを作成するのか、基本的なステップを紹介します。

1. デザインの計画

まず初めに、どのようなデザインにするのかを計画します。
この段階では、スマホユーザーがどのような行動を取るのか、どの情報が最も重要なのかを考え、それに合わせたデザインを考えましょう。
また、レスポンシブデザインを採用するのか、スマホ専用のサイトを作成するのかも決めます。

2. コーディング

デザインの計画が完成したら、次はコーディングです。
HTML、CSS、JavaScriptなどを使用してウェブページを作成します。
レスポンシブデザインを採用する場合は、メディアクエリを使用して異なるデバイスサイズに対応するレイアウトを設定します。

3. テスト

作成したホームページが各種デバイスで正しく表示されるか、確認のためにテストを行います。
特に、さまざまなブラウザやOS、画面サイズなどで動作を確認しましょう。

4. ユーザビリティの検討

欲しい情報を簡単に見つけることができるかなど、ユーザーが使いやすいサイトかどうかを確認しましょう。

5. 最適化と更新

ホームページの最適化と更新を行います。
SEO対策を施し、検索エンジンからの訪問者を増やしましょう。
また、ユーザーニーズやテクノロジーの変化に対応するために、定期的な更新も忘れずに行わなければいけません。

 

以上が、スマホ対応のホームページ作成の基本的なステップです。
なお、専門的な知識や技術が求められるため、自分で行うのが難しい場合は、ウェブデザイナーやウェブ開発者などの専門家に依頼することも選択肢に入れておきましょう。
また、初心者でも手軽にスマホ対応のホームページを作成できるツールやサービスも多数存在します。
気になるツールがあれば、試しに使ってみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

スマホ(携帯)対応のホームページは、ユーザーの利便性を高めるのはもちろん、より多くの方々からのアクセスを増やすためにも必要です。
レスポンシブデザインやスマホ専用サイト作成といった方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どちらの方法を選択しても、ユーザー視点を忘れないようにしましょう。

 

【わかりやすいSEO対策】は、こちらをご覧ください。

 

 

営業関連のお悩みを解決します。こちらをご覧ください。