記事制作費用ガイド:知っておくべきポイント

インターネット上で情報発信を行う際、記事制作は欠かせない作業です。
しかし、企業や個人によっては、記事制作の費用が気になるのではないでしょうか。

本記事では、記事制作の費用相場、記事制作の費用が決まる項目、費用を削減する方法、外注先選びのポイントなどについて解説していきます。
記事制作費用に関する悩みや疑問を解決し、検索エンジンで上位表示されるような魅力的なコンテンツを制作するお手伝いができれば幸いです。

 

記事制作の費用相場(記事の種類別)

Side view photo of a female using laptop, working, typing, surfing the internet at workplace

記事制作の費用相場は、記事の種類によって大きく異なります。
5つの記事の種類と費用相場を見ていきましょう。

1. SEO記事

SEO記事は、検索エンジン最適化を目的とした記事で、キーワードを適切に使用して、検索エンジンでの上位表示を狙います。
一般的には、少なくとも1,000~2,000文字程度の長さが求められるでしょう。
費用相場は、1記事あたり5,000円~20,000円程度ですが、ライターの実績やクオリティによって変動します。

2. コラム記事

コラム記事は、専門知識や独自の視点を用いた解説・意見が中心の記事です。
1,000~2,000文字程度で、費用相場は1記事あたり8,000円~30,000円程度です。
こちらもライターの実績やクオリティによって費用が変動します。

3. レビュー記事

レビュー記事は、商品やサービスの評価・感想を述べるもので、客観的な情報と主観的な意見が混在します。
1,000~3,000文字程度で、費用相場は1記事あたり5,000円~25,000円程度です。
ライターの実績や評価、専門知識によって費用が変動します。

4. インタビュー記事

インタビュー記事は、対象者へのインタビュー内容をまとめたもので、取材力が求められます。
3,000~5,000文字程度で、費用相場は1記事あたり15,000円~50,000円程度です。
インタビュアーのスキルや対象者の知名度、取材の難易度によって費用が変動します。

5. 専門(学術)記事

専門(学術)記事は、特定の分野の専門知識を用いて書かれる記事で、研究成果や技術解説が中心となります。
3,000~10,000文字程度で、費用相場は1記事あたり20,000円~100,000円程度です。
執筆者の専門知識や研究成果、論文の内容によって費用が変動します。

 

以上の費用相場はあくまで目安であり、個々の記事制作の具体的な費用は、内容や品質、ライターの実績、納期などの要素によって変動します。
また、ライターと直接契約する場合と、記事制作会社を利用する場合では、費用が異なるでしょう。

 

記事制作の費用・執筆以外の相場

Vintage typewriter header and blank sheets

記事制作は執筆だけでなく、さまざまな工程が含まれます。
それぞれの工程での費用相場を見ていきましょう。

1. 企画・構成

記事のテーマや構成を考える工程です。
費用相場は1記事あたり3,000円~10,000円程度ですが、企画の複雑さや独自性によって変動します。

2. 資料

記事制作に必要な資料を集める工程です。
費用は資料の量や取得方法によって異なり、1記事あたり1,000円~10,000円程度です。

3. 打ち合わせ

ライターやディレクターとの打ち合わせで、記事の方向性や要望を伝えます。
費用は通常、制作費用に含まれることが多いですが、時間がかかる場合は別途1,000円~5,000円程度が相場です。

4. 画像作成

記事に添付する画像を作成する工程です。
ストックフォトの利用や独自の画像制作によって費用が変動し、1画像あたり500円~10,000円程度です。

5. 図表の作成

記事に必要な図表を作成する工程です。
費用相場は1図表あたり2,000円~10,000円程度で、図表の複雑さやデザイン性によって変動します。

6. ディレクション

記事制作全体を管理し、統括する工程です。
費用相場は1記事あたり5,000円~20,000円程度ですが、プロジェクトの規模や難易度によって変動します。

7. 校正・校閲

記事の誤字脱字や文法、表現をチェックする工程です。
費用相場は1記事あたり1,000円~5,000円程度ですが、記事の長さや専門性によって変動します。

8. 修正

校正・校閲後に、指摘された箇所を修正する工程です。
費用は通常、制作費用に含まれることが多いですが、大幅な修正が必要な場合は別途1,000円~5,000円程度が相場です。

9. 入稿

完成した記事を、クライアントや媒体に提出する工程です。
費用は通常、制作費用に含まれることが多いです。

10. 謝礼

取材対象者や情報提供者に対して支払う謝礼です。
費用は対象者の立場や知名度によって大きく変動し、1,000円~50,000円程度が相場となります。
ただし、相手が無償で協力してくれるケースもあります。

 

これらの費用は、記事制作会社を利用する場合や、個別にライターやデザイナーと契約する場合で異なります。
記事制作の費用を割り出す際には、執筆以外の工程にも注意を払い、全体の予算を適切に組むことが重要です。
また、費用以外にも記事の品質や効果などを考慮し、全体的なバランスを見極めましょう。

 

記事制作の費用が決まる項目とは

Fresh idea brainstorm

記事制作の費用は、様々な要素によって決まります。
主要な項目を以下にまとめました。

1. 記事の種類

SEO記事、コラム記事、レビュー記事、インタビュー記事、専門(学術)記事など、記事の種類によって費用が異なります。
記事の目的や内容が複雑であればあるほど、費用が高くなる傾向があります。

2. 記事の難易度

記事の難易度が高いほど、ライターが調査や検証に時間をかける必要があり、費用が上がる傾向にあります。
また、特定の分野の専門知識を必要とする場合も、費用が高くなることが一般的です。

3. 専門性の有無

専門的な知識を必要とする記事は、一般的な記事よりも高い費用がかかることが多いです。
専門家や研究者が執筆する場合、その知識や経験を考慮した費用が設定されます。

4. 文字数

記事の文字数が多いほど、執筆にかかる時間が長くなり、費用が増えます。
ただし、一定の文字数を超えると、単価が下がるケースもあります。
また、短い記事でも情報密度が高い場合は、費用が高くなることがあります。

5. 納期

短い納期で記事を依頼すると、ライターや制作会社が段取り調整などを行う必要があり、費用が上がることがあります。
余裕を持った納期を設定することで、費用を抑えることが可能です。

 

これらの項目を考慮し、記事制作の費用を把握することが重要です。

 

記事制作の費用を削減する4つの方法

papers floating on the typewriter, front view. Generated AI

記事制作の費用を削減する4つの方法と、その際に注意すべき点を以下にまとめました。

1. 複数のライターや制作会社から見積もりを取得

見積もりを複数のライターや制作会社から取得することで、費用の相場を把握し、適切な価格で依頼できます。
ただし、安さだけで判断せず、品質や実績も考慮しましょう。

2. 長期的な関係を築く

長期的な関係を築くことで、単価交渉がしやすくなり、費用の削減に繋がるかもしれません。
また、ライターや制作会社がクライアントのニーズを理解しやすくなり、効率的な制作が可能になります。

3. 一部の工程を自社で行う

企画・構成や画像作成、校正・校閲など、一部の工程を自社で行うことで、費用を抑えることができます。
ただし、専門知識や技術が必要な場合は、外部の専門家に依頼することが望ましいでしょう。

4. 効率的なやり取りを心掛ける

打ち合わせや修正の回数を減らし、効率的なやり取りを心掛けることで、費用を削減できます。
具体的な要望や方向性を、最初から明確に伝えることが重要です。

 

なお、注意点として、費用を削減しすぎると品質が低下してしまう恐れがあります。
その結果、検索エンジンでの順位や読者の反応が悪くなり、目的を達成できなくなるかもしれません。
適切な費用と品質のバランスを見極め、効果的な記事制作を目指しましょう。

 

記事制作を外注するメリット&デメリット

Continuous single drawn line writer writes the work, a typewriter, a manuscript.Continuous single drawn line writer writes the work, a typewriter, a manuscript.Continuous single drawn line writer writes the work, a typewriter, a manuscript.Continuous single drawn line writer writes the work, a typewriter, a manuscript.Letters with writer using tablet in a beige chair and an office space

記事制作を外注する際のメリットとデメリットを、それぞれ3つずつお伝えします。
ここまでの内容も踏まえて、適切な判断ができるようにしましょう。

【メリット】

1. 専門知識・技術を活用できる

外注先のライターや制作会社は、専門知識や技術を持っています。
それらを活用することで、高品質な記事が制作できます。

2. 人件費・時間の節約

記事制作を外注することで、自社の人件費や時間を節約できます。
これにより、他の業務に集中することができるでしょう。

3. 多様なスタイルや視点の記事が作成可能

外注先が違えば、異なるスタイルや視点の記事を作成してもらえます。
これにより、読者に新鮮な印象を与えることができます。

 

【デメリット】

1. 費用がかかる

記事制作の外注には、費用がかかります。
費用と品質や効果のバランスを見極めることが重要です。

2. 情報伝達のミスやズレが発生する可能性

外注先とのやり取りで、情報伝達ミスや認識のズレが発生する可能性があります。
具体的な要望や方向性を、最初から明確に伝えることが重要です。

3. 管理が手間

外注先との連携やスケジュール管理が手間になることがあります。
ただし、効率的なやり取りを心掛けることで、費用を削減できるでしょう。

 

記事制作の外注には、メリットとデメリットがあります。
それらを考慮した上で、自社の状況や目的に合った選択をすることが重要です。

 

記事制作の外注を費用だけで決めるのはNG!注意するべき点とは?

Close up on spiral notebook and pen. Writer desk.

記事制作の外注先を選ぶ際、費用だけで決めることは避けましょう。
以下に、注意すべき点を5つまとめました。

1. 品質と実績の確認

外注先の品質と実績を確認し、適切なバランスを見極めましょう。
安価なライターや制作会社でも、品質が高い場合もあれば、低い場合もあります。

2. コミュニケーション能力

外注先と円滑なコミュニケーションが取れるかどうかを確認しましょう。
情報伝達のミスや認識のズレなどを防ぐため、コミュニケーションの取りやすさは重要です。

3. 納期や対応力

納期を守ることができるか、柔軟に対応してもらえるかを確認しましょう。
納期が遅れると、全体のスケジュールが狂うことがあります。

4. 専門知識・技術

記事の内容によっては、専門知識や技術が求められる場合があります。
外注先がその分野に精通しているか、必ず確認しましょう。

5. アフターフォロー

記事制作後の修正など、アフターフォローが適切に行われるかどうかも重要です。
対応が遅かったり、修正に手間がかかる場合は、記事制作全体のプロセスが遅れたり、効率が低下することがあります。

 

これらの点を考慮し、費用だけでなく、品質や実績、コミュニケーション能力なども重視して外注先を選びましょう。

 

まとめ

記事制作費用は、記事の種類や難易度、専門性、文字数、納期などによって変わります。
また、記事制作には執筆以外の工程も含まれ、それらも費用に影響します。
外注を検討する際は、費用だけでなく品質や実績、コミュニケーション能力を考慮し、適切なバランスを見極めることが重要です。
記事制作費用に関して総合的に把握し、効率的なコンテンツ制作を目指していきましょう。

 

【わかりやすいSEO対策】は、こちらをご覧ください。

 

 

営業関連のお悩みを解決します。こちらをご覧ください。

holiganbetjojobetcasibomMeritkingMeritking girişcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom girişbetsatGrandpashacasibomjojobetGrandpashaholiganbetpinbahiscasibomGrandpashaholiganbetjojobetpinbahiscasibomjojobetholiganbetbetsatpinbahisholiganbetjojobetcasibomMeritkingMeritking girişcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom girişbetsatGrandpashacasibomjojobetGrandpashaholiganbetpinbahiscasibomGrandpashaholiganbetjojobetpinbahiscasibomjojobetholiganbetbetsatpinbahis
antika alanlarMapsantika alanlarMaps