あなたのサイトは大丈夫?SEOに影響を与える重複コンテンツの見つけ方と対策

「重複コンテンツって何?それがSEOに影響を及ぼすの?」
「自社サイト内に重複コンテンツがあるかどうか調べる方法は?」
「もし重複コンテンツがあったら、どうやって対処すればいいのだろう?」

このような疑問や悩みを抱えているあなたにとって、今回の記事はまさに必見の内容であると言えるかもしれません。

具体的には、以下のトピックを解説していきます。
・SEOと重複コンテンツの基本的な関係
・重複コンテンツがSEOに及ぼす影響
・重複コンテンツを特定する方法
・重複コンテンツの対処法

本記事を読むことで、あなたのWebサイトがよりSEOに強くなるでしょう。
是非最後までお読みいただき、Webサイト運営に役立ててください。

 

重複コンテンツって何のこと?

「重複コンテンツ」という言葉を初めて耳にする方もいるのではないでしょうか。
SEOの観点からも非常に大切な概念となるので、この章では重複コンテンツについて解説します。

自サイトに似たようなコンテンツがある

重複コンテンツの一つ目は、自身のWebサイト内における「重複」です。
同じ製品やサービスについて複数のページを作成した場合や、似たようなトピックを扱う記事が多数存在する場合などがこれに該当します。
重複コンテンツはサイト訪問者に混乱を与えるだけでなく、検索エンジンからの評価も下げる要因となってしまいます。

例えば、あなたが果物の販売をしているとします。
そのWebサイトに「リンゴ」についてのページが複数あるとしましょう。
一つは「赤いリンゴ」、もう一つは「甘いリンゴ」というように。
訪問者はどちらのページを参照すれば良いのかわからず、混乱してしまいます。
また、検索エンジンはどちらのページを上位表示すべきか判断できず、結果的に両方のページの評価が下がってしまう可能性が出てきます。

他サイトに似たようなコンテンツがある

二つ目の重複コンテンツは、他サイトと自サイトの内容が重複している場合です。
とあるWebサイトから情報を引用することが必要な場合はもちろんありますが、それが大部分を占めると「オリジナルのコンテンツが少ない」と見なされ、SEOの観点でマイナスになってしまいます。

具体的には、他のWebサイトから大量のテキストをコピー&ペーストし、それを自分のページに掲載するという行為はやめましょう。
検索エンジンから見てオリジナリティがないと判断され、評価が低下する可能性が高まるからです。

 

SEO的に重複コンテンツを控えたほうが良い理由

Webサイトを運営する際、SEO対策として重複コンテンツを控えることは大切なステップの一つです。
なぜそれが必要なのか、主な3つの理由をお伝えします。

検索結果に表示されなくなってしまう可能性がある

あなたのWebサイトが、ユーザーにとって価値ある情報源となるためには、まず存在を知ってもらうことが重要です。
そのために最も役立つのが検索エンジンでの表示ですが、重複コンテンツが存在するとその機会を失ってしまうかもしれません。

検索エンジンは、ユーザーにとって最も適した情報を提供することを目指しています。
もし、同じまたは非常に似た内容が複数のページで掲載されている場合、それらを一括して評価する傾向があります。
その結果、重複しているページ全て、または一部が検索結果から除外される可能性があるのです。

被リンクの評価が分散してしまう

Webサイトの評価には「被リンク」が大きな影響を与えます。
他のWebサイトから自分のサイトへリンクが張られることで、情報が信頼性のあるものと認識され、検索エンジンにおける評価が上がります。

しかし、似た内容を持つページが複数あると、被リンクが各ページに散らばってしまう可能性があります。
その結果、一つのページに集約されるべき評価が分散し、全体としての評価が低下してしまうかもしれません。

ペナルティを受ける可能性がある

重複コンテンツは、意図的に他のWebサイトの情報をコピーし、その評価を得ようとする行為であると見なされることもあります。
検索エンジンから見れば不正行為となるので、重大なペナルティの対象となってしまう可能性はゼロではありません。
一度ペナルティを受けると解除するのが難しい場合もあり、最悪の場合、検索結果から全く表示されなくなるというリスクも存在します。

SEOの観点から見て、重複コンテンツは検索エンジンからの評価低下やペナルティのリスクを含むため、できる限り控えるべきです。
どのような弊害が生じる可能性があるのか理解し、早期に対策を講じることで、Webサイトの質を高め、検索ユーザーにとって価値ある情報を提供できるようになるでしょう。

 

重複コンテンツを調べる方法

重複コンテンツを控えるには、まず自身のWebサイトに重複コンテンツがないかどうかを確認することが大切です。
では、どのように調べれば良いのでしょうか。
この章では、手軽に重複コンテンツをチェックするための方法を4つ紹介します。

検索エンジンで実際に検索してみる

最も手軽な方法は、自身のサイトのコンテンツを抜粋したフレーズを引用符(” “)で囲んで検索エンジンで検索することです。
そのフレーズが他のサイトでどれほど使用されているか、自身のサイトがどの程度表示されるかを確認することができます。

sujiko.jpを活用する

もし重複コンテンツとして疑わしい記事があった場合、そのページのURLをsujiko.jpに貼り付けるだけです。
その後、「判定」をクリックすると、数分で調査が完了します。
タイトルや本文の類似度を%で提示してくれるので、もし判定が「高」の場合は対処しましょう。
また、自サイトのURLを入力すると「似ているページ」を自動抽出してくれる機能もあるので、ぜひ活用してみてください。

Googleサーチコンソールを利用する

Googleサーチコンソールは、Googleが提供している「Webサイトのパフォーマンス分析」を行うためのツールです。
例えば、自身のWebサイトの表示状況やクリック数、ページの評価などを確認できます。
「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」を行い、問題が検出されなければ重複コンテンツは存在していないことを意味します。

コピペチェックツールを活用する

インターネット上には、コピペチェックツールと呼ばれるものが多数存在します。
指定したテキストが、他のWebサイトでどの程度利用されているかを調べることができるので便利です。

 

上記の方法を活用して、自身のWebサイトに重複コンテンツが存在しないかを確認しましょう。
サイト全体の品質を維持し、ユーザーと検索エンジンに信頼されるWebサイトを作ることができます。

 

重複コンテンツをどう対処するか

Webサイトに重複コンテンツがあることが判明した場合、何かしらの方法を用いて解決しなくてはいけません。
この章では、重複コンテンツ対策の具体的な手法を10個紹介します。

301リダイレクト処理を行う

「301リダイレクト」とは、あるWebページから別のWebページへ自動的に転送する手法です。
設定することで、重複コンテンツを持つページを正規のページに自動的に誘導することができ、重複を解消します。

canonicalタグを設置する

canonicalタグは、重複するコンテンツの中から主要なものを検索エンジンに示すためのHTMLタグです。
検索エンジンに対して「このページがオリジナルだよ」と伝えることができます。

noindexタグを設置する

noindexタグは、検索エンジンに対して「特定のページをインデックスしない」ように指示するHTMLタグです。
利用することで、重複コンテンツのページを検索結果から除外できます。

URLパラメータを設定する

WebページのURLに付与するパラメータが、重複コンテンツの原因となる場合があります。
Googleサーチコンソールの「URLパラメータ」機能を使って、パラメータによるページの重複を防ぐことが可能です。

対象コンテンツを非公開 or 削除する

重複するコンテンツが必要ない場合、それらのコンテンツを非公開にしたり、完全に削除したりすることも一つの解決策です。

Googleに対象コンテンツの削除をお願いする

万が一、他のWebサイトがあなたのコンテンツを無許可で使用している場合、Googleに削除を依頼することができます。
これは、著作権侵害が発生している場合に有効な手段です。

内部リンクの一貫性を保つ

同じ内容のページに対して異なるURLを持たせないように、内部リンクの整合性を保つことも重要です。

トップレベルドメインを使用する

トップレベルドメインとは、URLの最後の部分(.comなど)です。
異なるトップレベルドメインで同一のコンテンツを掲載している場合、それぞれを別々のサイトと見なすことで重複問題を回避できます。

各対象コンテンツの内容を追加する

単純にコンテンツが重複している場合、それぞれのコンテンツに独自の情報や視点を追加して差別化を図ることも一つの解決策です。

対象コンテンツを1つにまとめる

例えば、「アップルパイの作り方」について、複数のブログ記事を過去に書いていたとしましょう。
似た内容だと、検索エンジンが「重複コンテンツ」として認識してしまうかもしれません。
このような場合、記事を1つの詳細な「アップルパイの作り方」の記事にまとめてしまうのがオススメです。
重複コンテンツ問題が解消され、SEOの評価がUPする可能性が高まります。

 

お伝えした対処方法は、適切に実行されれば重複コンテンツを効果的に解消し、SEOパフォーマンスの向上に寄与するでしょう。

 

まとめ

今回の記事を通じて、SEOと重複コンテンツの繋がりや、その存在がWebサイトのパフォーマンスに与える影響について理解を深めることができたのではないでしょうか。
検索結果に表示されなくなる可能性や評価の分散、さらにはペナルティといった、重複コンテンツがもたらす具体的な問題についても解説しました。

また、重複コンテンツの見つけ方については、検索エンジンの利用から専門ツールの活用まで、さまざまな手段があります。
活用することで、あなた自身でも重複コンテンツの特定や対策の立案が可能になるでしょう。

さらに、リダイレクトの設定や特殊タグの利用、リンクの整理といった具体的な対策方法についてお伝えしました。
知識を身につけることで、重複コンテンツ問題に対処し、Webサイトのパフォーマンスを向上させることができます。

あなたが記事から得た重複コンテンツの知識が、Webサイトを改善し、訪問者の滞在時間を増加させる一助となれば幸いです。

 

【わかりやすいSEO対策】は、こちらをご覧ください。

 

 

営業関連のお悩みを解決します。こちらをご覧ください。

投稿日:
カテゴリー: SEO
holiganbetjojobetcasibomMeritkingMeritking girişcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom girişbetsatGrandpashacasibomjojobetGrandpashaholiganbetpinbahiscasibomGrandpashaholiganbetjojobetpinbahiscasibomjojobetholiganbetbetsatpinbahisholiganbetjojobetcasibomMeritkingMatbet girişcasibom girişgüvenilir bahis sitelerigüvenilir bahis sitelericasibom girişcasibom girişbetsatGrandpashacasibomjojobetGrandpashaholiganbetpinbahiscasibomGrandpashaholiganbetjojobetpinbahiscasibomjojobetholiganbetbetsatpinbahis
antika alanlarMapsantika alanlarMaps